2008年9月29日月曜日

●公募文章のサンプル


 

下記のような内容の「わが子への手紙」を公募しています。

 

○パパとママは何度もケンカしながらなんとか結婚に至って、あなたを産んだの

○きみを一生大事にしていこうと思った、とっておきの「恋バナ」をするね

○「できちゃった婚」だけど、あなたの顔を初めて見た時から恥ずかしいと思わない

○国際結婚だから互いの両親に反対されたけど、必死の愛で乗り切ったんだよ

○何度も中絶したけど、パパの協力があったから、やっとあなたを産めたの

○ママは死んでしまったけれど、パパはママのことが大好きだったんだよ

○お父さんは去ってしまったけど、あなたを恨んで出ていったんじゃないよ

○あなたを産めるような年齢ではなかったけど、あなたが欲しかったの

○シングルマザーとして育てたけど、あなたを見ると、あの恋は間違ってなかったと思うよ

○パパはあなたを産む時は、あたしをこんなにいたわってくれたのよ

○きみの名前には、パパとママの恋から学んだこんな祈りが含まれているのよ

 …など。


 

 書こうと思っても、日々の忙しさの中で忘れがちな手紙も、この企画のように〆切が設定してあれば、書けるもの。

 しかも、本として活字にしておけば、お子さんが大きくなっても図書館でくりかえし読めます。

 ぜひ、この機会に書いてみませんか?